専門家コラム 2018.02.19 月

動物の遺伝子検査の方法は?動物病院と自宅の違い

動物の遺伝子検査はとてもメリットが多くあり、あなたの大切なペットのためにもなります。でも検査方法も多岐にわたり迷ってしまいますよね。今回は、動物の遺伝子検査の種類を書いてきます!気になっていた方はぜひ参考にして下さいね。

人の手と赤い色の薬品

動物の遺伝子検査は実はとても重要なことで、あなたの大切な動物のためにもなります。

今回は、動物の遺伝子検査の種類を書いてきます!
気になっていた方はぜひ参考にして下さいね。

動物の遺伝子検査とは

3匹のトイプードル

動物の遺伝子検査は、今ではマナーともいわれているくらいポピュラーなものになっています。

特にペットでも多く買われている「犬」に関しては、日本は人気の犬種に偏る傾向にあり、その人気の犬種が「大量生産」されているのです。

これはどういうことかというと、本来なら母親、父親の両方の犬の遺伝子検査をして、遺伝的病気の要因を持っていなければ、高配させ繁殖します。

しかし、大量生産の場合この遺伝検査を怠ってしまっている可能性が高く、遺伝的病気の要因を持っている犬も交配され、遺伝病の要因を持っている子どもが出来てしまうのです。

動物の遺伝子検査しっかり行わなければいけない理由は、遺伝病の要因がある動物を増やさないという目的があるのです。

さらに遺伝検査をすれば子孫を残したいと思った時も、遺伝病をもっていないとわかっていれば安心して交配出来ます。

遺伝子検査を受けることは遺伝病をのリスクがある動物を安易に増やさないためのものであり、動物を飼っている、または職業で関わっている方にぜひ遺伝子検査はおすすめです。

動物の遺伝子検査の方法は2種類

動物の遺伝子検査方法は2種類あります。

①動物病院

動物病院では、ほとんどの動物が血液を採取し遺伝子検査をします。

しかし鳥の場合血液を採取するとき、体力的に制限されるため、血液からでは採取せず、「羽」や「糞」から遺伝子検査を行います。

検査結果は2週間ほどで検査を受けた病院に届くそうです、ちなみに採取血液も詳しい数値は書いてありませんでしたが、そんなに多くはとらないので安心してくださいね。
あるサイトの写真では小さい注射器1本分くらいでした!

②自宅

自宅では、自分でペットの遺伝子検査を行ってくれる機関から、検査キットを取り寄せます。

そのなかに綿棒のようなものが入っているのでそれを、犬の口の中に擦り付け、また検査機関に送り返します。
そこから早ければ1週間~2週間、おそくとも1ヶ月以内には検査報告書が郵送されてきます。

動物病院VS自宅どちらがいい?

獣医と犬

では遺伝子検査は動物病院で受けるのと、自宅で受けるのどちらがいいのでしょうか?

①動物病院

メリット

  • ・検体の取り間違いがなく、自分の遺伝子を正確に知ることが出来る
  • ・トレーニングを受けた獣医師や専門の解析者が調べるので安心
  • ・精度が高くいろいろなことを知ることが出来る
  • ・検査結果を医師の口からしっかり聞くことができる

→動物病院で受けると、トレーニングを受けた専門医や提携している解析会社が遺伝子検査をしているので、安心して受けることが出来ます。

さらに精度が高いので、信頼性も高く確かな遺伝子検査報告書をもらうことが出来ます。

また、検査結果を直接聞きに行くので、愛犬にはどんな遺伝子あがあるか、しっかり理解することが出来ます。

デメリット

  • ・血液を採取しなければならない
  • ・費用が高額になる

→動物病院の遺伝子検査の場合、血液採取が必要なので愛犬にハリを指したくない、痛い思いをさせたくないという方にはおすすめできません。

さらに動物病院で遺伝子検査を受ける場合、費用が高額になります。ほとんどが保険適応外で10万円ほどかかることもあります。

②自宅

メリット

  • ・自宅にいて遺伝子検査を受けることが出来る
  • ・動物病院より安い金額で検査を受けることが出来る

→最大のメリットは動物病院に行かなくても、自宅で検体を採取して郵送するだけなので、外に出る必要がありません。

さらに動物病院よりも安い金額で遺伝子検査を受けることが出来ます。

ある検査キットでは5項目で27,000円というところがありました。
(検査項目によって金額が変わってきます。)

デメリット

  • ・検体の取り違えが発生しまったケースがある
  • ・結果がでるのに時間がかかる場合がある

→実は検体を自分の動物のものとは違うものを検査してしまい、検査結果が別の動物だったということがあったそうです、

検査を受けたい方が多いと必然的に検査結果がでるまでに時間がかかってしまいます。

まずは手軽に自宅検査から始めてみる

今すぐ精度の高い遺伝子検査を受けたいが場合は、動物病院で遺伝子検査をすることをおすすめします。

しかし、遺伝子検査を受けてみたいけどそんなに高いお金はかけたくない、時間がかかってもいいという方は、手ごろな金額で始められる自宅検査がおすすめです!

自宅でおすすめの検査キットはこちらの記事を参考にして下さいね。

まとめ

上を見上げる犬

いかがでしたか?
今回は動物の遺伝子検査の方法についてご紹介しました。

遺伝子検査方法は動物病院と自宅での検査があり、動物病院の方が精密で信頼度も高い検査結果得られますが、費用が高いというデメリットもあります。

そこで自宅での検査は、費用も抑えられるのでおすすめです。
ぜひ自分の動物の遺伝子検査をしたいという場合は、手ごろな金額で始められる自宅での検査を受けてみて下さいね。