遺伝子コラム 2019.05.25 土

子供の遺伝子検査を比較|検査内容から価格まで詳しく紹介

子供の遺伝子検査を比較したことはありますか?現在の遺伝子検査キットは様々な種類があり、価格だけでなく調べることができる内容まで異なります。本当におすすめの遺伝子検査はどれなのか、ご自身で調べても解らないようなことが詳しくわかる、そんな内容になっています。

遺伝子検査 比較

子供の遺伝子検査を比較することで本当に適したものが見つかります。

遺伝子検査を活用することで、子供の個性や才能を化学的に分析することができるので試してみたいという親も増加してきました。

しかし、一言で遺伝子検査キットと言ってもいろんなものがあり、検査内容の違い、価格もさまざまです。

今回の記事では、子供の遺伝子検査はどれを選べば良いのかが明確になるようにまとめていますので、最後まで読むことで子供に適した遺伝子検査が見つかること間違いなしです。

子供の遺伝子検査で分析できること

分析

子供の遺伝子検査は、科学的なデータを元に子供のもつ才能やルーツ、病気などを発見することができます。

年々利用する方が増加しているこの子供の遺伝子検査は、大きく分けると3つの分野を解析できます。

  • ・学習能力
  • ・身体能力
  • ・感性

これら3つの分野から更に詳細に、分野ごとに分けて子供の才能や個性などを詳しく解析することができるのです。

より詳細なことに関しては「遺伝子検査で子供の才能が解る!検査内容・分野の違いまで詳しく解説」に詳しくまとめてあるのでこちらも合わせて確認してみて下さい。

子供の遺伝子検査の分析結果によって、親として適切なアドバイスができるようになるので、潜在能力の高いことへのチャレンジをさせてあげることができるので子供の自信にも繋がります。

子育てや教育、子供との接し方の参考としても遺伝子検査は役立ち、新たな能力や才能など発見や気づきを得ることができるのです。

子供の遺伝子検査の種類

子供の遺伝子検査の種類

子供の遺伝子検査にはさまざまな種類があります。

そのため、選ぶ際は遺伝子検査の種類と特徴を理解して目的に合わせて選ぶ必要があります。

調べたい項目で選ぶ

遺伝子検査を行う前に一番重要なのは、子供の何を調べたいのかを明確にしておく必要があります。

遺伝子検査を行うことでわかることは、

このようなことを分析・解析することができます。

これら全てを一度に調べることもできる遺伝子検査もありますが、調べたい項目ごとで選ぶことで費用を抑えることができます。

安全性で選ぶ

子供の遺伝子検査を行う際に注意しなければいけないのが遺伝子情報はとても重要な個人情報であるということです。

そのため、情報漏洩などを防ぐためにも国内で検査をおこなう信用のできるメーカーを選ぶ必要があります。

国内メーカーのものでも、検査は中国やフィリピンでおこなうといったケースもあるので自分の子供の情報が海外に持ち出されないようにする必要があります。

そのため、どこで検査を行うか、日本国内のメーカーなのかをしっかりと確認した上で遺伝子検査を行うようにするとよいです。

子供の遺伝子検査キットの比較

比較

では実際にどのような子供の遺伝子検査キットがあるのか比較して見てみましょう。

メーカーDNAファクターDNAジャパン/iGENOGeneLife日本バイオテックショウイン/GIQ
通常価格
(フルバージョン)
69,800円(税込)59,800円(税別)29,800円(税別)58,000円(税別)69,800円(税込)
検査方法専用綿棒による検体採取専用綿棒による検体採取専用容器への唾液採取専用綿棒による検体採取専用綿棒による検体採取
検査場所国内(DNAファクター/福岡)国内(DNAジャパン/東京)国内(ジェネシス遺伝学研究所/千葉)国内(日本バイオテック/愛知)国内(DNAファクター/福岡)
検査完了日数約30日から60日約30日約14日から30日約30日から50日約30日から60日

 
遺伝子検査キットには様々な種類がありますが、子供に適したものにはこの5つの遺伝子検査キットがあげられます。

それぞれの特徴をメーカーごとに見てみましょう。

DNAファクター

DNAファクター

DNAファクターは、0歳から検査を受けることができる遺伝子検査です。

子供の頃の環境はその後の人生に大きく影響してくるため、自分の子供の素質を発見するには早ければ早いほど良いので0歳から検査ができるのは強みと言えます。

子供の能力遺伝子を「学習能力」「身体能力」「感性」の3つに分けて更に細かく、記憶力や判断力、理解力などの様々な能力について詳しく解析することができます。

学習能力遺伝子、身体能力遺伝子、感性遺伝子を個別に遺伝子検査ができるだけでなく、これら全てを調べることができるお得なフルパッケージも用意されています。

自社検査の安心・安全で高精度の遺伝子検査キットです。

学習能力遺伝子25,000円(税込)
身体能力遺伝子25,000円(税込)
フルパッケージ版通常69,800円(税込)
公式サイトhttps://www.dna-kensakit.com/child/

 

公式サイトへ

DNAジャパン/iGENO

iGENO
DNAジャパンの子供遺伝子検査では、能力や感性などの16ヶ所の遺伝子検査を行うことができます。

能力・感性の遺伝子検査は、早期に子供の”素質”を知ることができるので、子供の能力に応じて得意分野を伸ばしてあげることができます。

DNAジャパンの遺伝子検査では、子供の素質を知る、子供の自信に繋げる、子供の特徴がわかる、子育ての参考になるといったメリットがあります。

子ども”能力・感性”遺伝子検査キット59,800円(税込)
公式サイトhttp://dna.jpn.com/

 

GeneLife

GeneLife
GeneLifeの遺伝子検査キットでは、肥満タイプや疾患のリスクなど約360項目を解析することができます。

生活習慣病や各種がんのリスクから太りやすい体質なのか肌の老化要因、ミトコンドリアDNAを解析した祖先のルーツなどを調べることができます。

また検査項目には、各種アレルギー体質、アトピー性皮膚炎などの皮膚の状態、近視や遠視などの眼の疾患のリスク、各種感染症のリスクも含まれています。

子供の才能というよりは、健康面を詳しく知ることができる検査キットと言えます。

ジーンライフ ジェネシス2.029,800円(税別)
公式サイトhttps://genelife.jp/

 

日本バイオテック

日本バイオテック

日本バイオテック遺伝子検査は、子供の能力からメンタルまで幅広く知ることができる遺伝子検査キットです。

管理栄養士や作業療法士、保育士などのプロからのアドバイスを受けることもできます。

自分の子供はどんな才能があり、何ができるのかを知り、その分野を伸ばすサポートをしてくれる検査キットです。

メンタルコース29,800円(税別)
学習・記憶コース26,800円(税別)
運動コース26,800円(税別)
フルバージョンコース58,000円(税別)
公式サイトhttp://www.japan-biochip.com/

 

ショウイン/GIQ

GIO
GIQの子ども能力遺伝子検査は、TBSテレビ番組「いっぷく」の「とことんリサーチ いっ特」のコーナーで紹介されたことがある遺伝子検査キットです。

自分の子どもが生まれながらにしてどんな能力を持っているのかを遺伝子から解析して能力や可能性を知ることが出来ます。

GIQの子ども能力遺伝子検査も、学習能力、身体能力、感性の3つの分野から遺伝子を解析します。

検査機関は上でも紹介したDNAファクターで検査を行っているので安心・安全の検査を受けることができます。

学習能力遺伝子鑑定25,500円(税込)
身体能力遺伝子検査25,500円(税込)
感性能力遺伝子検査25,500円(税込)
フルバージョン鑑定69,800円(税込)
公式サイトhttp://dna.secret.jp/

 

 

おすすめの子ども遺伝子検査キット

おすすめ

子供を分析できる遺伝子検査キットはさまざまな分野に分けて調べることができます。

そのため、おすすめの子ども遺伝子検査キットは、親が何を調べたいのかによっても異なってきます。

しかし、上でも説明したように、子どもの遺伝子は大切な個人情報です。

日本国内の信頼できるメーカーで遺伝子検査を行うことがおすすめと言えます。

まとめ

子供の遺伝子検査を比較することで本当に適したものどれなのかについて詳しく紹介してきました。

子供の遺伝子検査を行う上で大切なのは、親が子供の何を知りたいのかによって選ぶ遺伝子検査キットが変わってくるということです。

遺伝子検査をすることで子供の才能から能力、病気のリスクなどさまざまなことを知ることができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。